ブルガリア訪問 その2
遅れて離陸した飛行機、風が弱かったのか、ほぼ定刻にロンドン・ヒースロー空港
に着陸しました。しかし、入国管理でのかなりしつこく質問され、私が手荷物受け
取り所についた時には、既に私のトランクは荷台に回っていました。ちなみにしつ
こく質問を受けたのは私だけではなく、イギリス国民をのぞくほぼ全員です。

ロンドンには、乗り継ぎの為の1泊なので、時間をかけずに移動をと考え、ヒース
ローエキスプレスを使いパディントン駅へ、どうやらパディントンベアーというのが
有名らしいです。

b0049575_1291811.jpg


ホテルにつき、乗り継ぎルートを確認、何とも微妙な食事をとり、早めに就寝。

次の朝、朝食をとっていると、フロントの係の人が、食事中の私のところやってきて
「フロントにお客さんがきている」と言うのです。「私に??」と聞き返すと、
「そうだ」と。ロンドンに知り合いはいるが、ここにいることは伝えていない
けど・・・と思いつつ、フロントに向かいました。


するとそこで私を待っていたのは・・・・・・・

警察官でした

訳のわからない私、とりあえず警察官と握手をして、お話がスタート。なんだか
いろいろ聞かれて、結局人違いということが判明。めでたく解放されました042.gif

結局なんだったんだろう・・・。

気を取り直して、食事をすませ、チェックアウト。すると思っていた金額よりも高い。
よ〜く計算書をみると、朝食が二人分になっています。係の人に、シングルで一人で
宿泊しているのに、朝食が二人分になっていると告げると、「おかしいですね。すぐ
訂正します」とのこと。係の人も「なぜ二人分になっているんだろう??」と不思議そうに
しながら新しい計算書を出してくれました。

そして、無事チェックアウトをすませ、ロンドン・ルートン空港へ向かいました。
ここは、市内から随分離れている空港、近くのロンドン・ルートンパークウェイまで
電車で行き、そこからシャトルバスで空港まで向かいました。

この空港からブルガリアのブルガスまで、Wizz Airというハンガリーの航空会社
で向かいます。Wizz Airは、格安航空会社で、機内サービスはもちろん有料です。
この飛行機は、座席が自由席のため搭乗のゲートの前に、随分早くから人の列ができていました。私は、後ろのほうに並んだ割には、隣が空いている席を確保。

ここから3時間半の空の旅。ブルガリアへ向かいました。

b0049575_12275522.jpg

[PR]
by dirigent-yuichi | 2009-06-23 12:28
<< ブルガリア訪問 その3 ブルガリア訪問 その1 >>