浄書
「浄書」
音楽業界では、この言葉は、楽譜を演奏するために使える状態にすることを意味します。

数ヶ月前より取り組んでいるオペラの編曲、現在、編曲後の浄書作業を行っております。この一週間、ほとんど外に出ず、引きこもってこの作業に集中しています。
一つのパートは大体40ページです。これを11パート分、約450ページを1ページづつ、確認しております。地味〜〜〜〜〜〜〜な作業です。

シルバーウィークまでには終わらせようと必死な私。
そんな折、パートの追加という連絡が入りました002.gif
現在出来上がっているパートに変更を及ぼすようなパートではないのが、せめてもの救いです。

私の眠れない生活は当分続きそうです。ふぅ〜〜〜008.gif
[PR]
by dirigent-yuichi | 2009-09-15 19:55 | 音楽
<< 友人との語らい 創作オペラ >>