アイネ・クライネ・ナハトムジーク
昨日、一緒に飲んだ吉野氏が所属されているハンドベルアンサンブル東京に依頼されて、モーツァルトのセレナーデ「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の編曲を行いました。
もともと軽快で明るい曲なので、ハンドベルの響きにもよくマッチすると思います。スケジュールがあえば、ハンドベルでの演奏、是非聴きにいきたいと思っています。


↑クリックお願いします
[PR]
by dirigent-yuichi | 2006-06-21 22:44 | 音楽
<< 明日の早朝は 焼き鳥屋”ケムリ” >>