新たなアプローチ
年末年始、シベリウス、R.シュトラウス、ショスタコーヴィッチ等、20世紀の作曲家の作品と向かい合いました。また、多くの文献を読みあさっておりました。
そして、今日、もうじき練習の始まる「魔笛」の勉強を開始しました。色々な意味で新鮮です。楽譜に直接的、間接的に書かれていること、伏線等、新たな視点からアプローチを加え、今回の本番に向けて準備していきたいと思います。


↑クリックお願いします


[PR]
by dirigent-yuichi | 2008-01-08 22:26 | 音楽
<< グヤーシュ 映画「迷子の警察音楽隊」 >>