タグ:オペラ ( 30 ) タグの人気記事
ドン・パスクアーレ
気がつけば、あっという間に年末。
いつもと変わらない日常を過ごしているので、年末という感じはしません。

そんな年末年始。オペラ「ドン・パスクアーレ」の準備に没頭です。
詳細については、追ってお知らせ致します。

b0049575_1550972.jpg

[PR]
by dirigent-yuichi | 2013-12-26 15:49 | 音楽
オペラ公演
来年のオペラがお流れにという残念な連絡。

スポンサーの都合ということ。このご時世致し方ないことです。

オペラは、たくさんの方に協力を頂き、制作にも時間がかかる為

多額の費用がかかります。

主催の方々は、スポンサーを探されるのに、本当にご苦労なさって

おられます。

このプロダクション、その翌年以降に持ち越しのようなので、

是非、公演を実現出来たらと思っております。


そういうわけで、来年のスケジュールに多少余裕が出来ました。

皆様からのオファーをお待ちしております。
[PR]
by dirigent-yuichi | 2013-10-10 18:18 | 音楽
終わりました、アンティフォナ
約1年前に動きだしだプロジェクト「アンティフォナ」
終わりました。

9月18日、愛知県長久手文化の家 森のホール
10月16日、豊川市小坂井文化会館フロイデンホール
の2公演、演出家の石黒秀和さん、
脚本、作曲、芸術監督の高崎真介さんの
2本柱のもと、大盛況のうちに終えました。

高崎さんの心を揺さぶる素晴らしい曲と、時間を超越しながら
胸に突き刺さってくる脚本、
そして、静的なホールという場所で、タイムマシーンやブラックホールの
中で時空を超えていくような錯覚さえ感じさせる、素晴らしい演出で
舞台を纏めあげた石黒氏、この二人のコンビ、絶妙でした。

出演して頂いた、竹山史恭さん、鈴木優花さん、
そして豊田演劇アカデミーの卒業生合わせて10名の俳優さん、
素晴らしい演技で舞台を引っ張って下さいました。

米丸史郎氏率いる「歌人集団米だ!」の合唱、
素晴らしいハーモニーと演技も見せてくれました。

そして、長久手に出演してくれた、こどもミュージカル「SPICA星組」
小坂井に出演してくれた、こどもミュージカル「トゥインクル」
みんな明るい歌声で元気よく歌ってくれました。
この物語の中だけでなく、全ての「希望」のようでした。

今回、この群劇オペラの音楽を支えてくれた
大竹広治さん率いるアンサンブルムー、
2台ピアノで表現豊かな演奏をしてくれた
三木諭、陽子夫妻
皆さん、本当に素晴らしかったです。

舞台を支えて頂いた、舞台監督の和田章宏さん、照明の西山敏昭さん
音響の正木隆さん、本当にありがとうございました。

また、曲が間際まで出来あがらない中、必死に練習を支えてくれた
練習ピアニストの安藤弘子さん、竹之内奏さん

その他、多くの方々に助けて頂き、この公演を無事に終えることが出来ました。

「全ての別れは小さな死」と語った方がいらっしゃいます。
次にいつ会えるか分からない、いつ死が訪れるか分からない。

でも、今回のプロジェクトで出会った人々と、また会いたい、
また一緒に音楽を舞台を作りたい。
心からそう思った本番でした。

そして、こういう本番をこれからも重ねていきたい。

「心よりありがとう」
そして、必ず 「また会おう」
[PR]
by dirigent-yuichi | 2011-10-19 21:12 | 音楽
アンティフォナ
群劇オペラ「アンティフォナ〜遥かなる隣人達へ〜」 

2011年10月16日(日)15時開演 14時30分開場
豊川市フロイデンホール(愛知県)

作曲・脚本・芸術監督:高崎真介
演出:石黒秀和
指揮:福井雄一
出演:豊田演劇アカデミー、劇団トゥインクル他
合唱:歌人集団米だ!
ピアノ:三木諭、三木陽子
管弦楽:アンサンブルムー

主催:豊川市
制作:Vit-Vie Music
協力:MoO Studio

チケット:前売 2000円 全自由席


[PR]
by dirigent-yuichi | 2011-10-16 00:00 | 音楽
エフェメラ
エフェメラというWebsiteがあります。

演奏会等のチラシを掲載してくれるサイトです。
今回のオペラ「アンティフォナ」のチラシを掲載して頂きました。

皆さん、ご覧下さい。

アンティフォナ 長久手公演 9月18日

アンティフォナ 豊川公演 10月16日
[PR]
by dirigent-yuichi | 2011-08-19 07:16 | 音楽
オペラと音響デザイナー
どこだったでしょう。ふとしたことで見つけたこの本。

「オペラと音響デザイナー」

音響さんから見たオペラ制作について書かれた本です。

オペラというのは、もちろん生の音の演奏で上演されるものです。

しかし、その裏では音響さんが大活躍をしております。

この本では、オペラが出来るまでの制作過程を

音響さんの視点から詳細に書かれています。

音響さんの視点からのオペラの裏側を皆様も覗いてみては

いかがでしょうか。

2002年の初版ですので、図書館などにも置いてあるようです。

b0049575_20461878.jpg


「オペラと音響デザイナー」
小野隆浩 著
新評論 出版
[PR]
by dirigent-yuichi | 2010-05-01 20:49 | 音楽
御礼&雪
福岡でのオペラ公演にご来場頂いた方々、まことにありがとうございました。
素晴らしい歌手の方々、そしてスペシャルメンバーのオーケストラで、皆様に
喜んで頂ける公演になりました。関係諸氏の方々に心より御礼申し上げます。

そして、オペラの本番のための4日間の福岡滞在を終え、横浜に帰ってきたところ、羽田で随分寒いなぁと思っていたら、なんと雪になるというではないですか。

先日、関東で雪になった時、私の住んでいるあたりは、雪にならなかったため、今回の雪が、初雪となりました。
一夜明けて、外をみると、うっすら屋根の上に積もっておりました。

関東では、あまりみられない雪化粧。堪能しておきたいと思います。
[PR]
by dirigent-yuichi | 2010-02-02 10:58 | 音楽
プチハプニング
先日、オペラのオーケストラ練習の最中、
私の視界から、商売道具の指揮棒が消えました。
しかし、指揮棒をもっている感覚はあります。

???????

手のひらをみると、持ち手のグリップだけになっており、
シャフトが根元から折れて、後ろにとんでいっておりました。

こんなことってあるのね・・・。慌てて別の指揮棒を取り出して
練習再開。

休憩の時、折れた断面をみてみると、シャフトの木材が割りと
スカスカだったことが判明。
このメーカーの指揮棒は要注意ってことみたいです。

b0049575_21562991.jpg


それで、私は、使い勝手のよいのが見つかるまで、以前使っていたもの
を使用することにしました。

いや〜〜、それにしても、このハプニング、本番でなくてよかった。

さて、このオペラの本番、今週末に迫っております。

地域の皆さんの参加による、小規模のオペラです。
オペラは敷居が・・・と思ってらっしゃるかたも、気軽においで
頂けると思います。

お近くの方、是非、お越しください。


オペラ「カルメン」 全4幕 日本語上演

そぴあ新宮大ホール(福岡県糟屋郡新宮町)

1月30日(土) 17時開演
1月31日(日) 14時開演

指揮:福井雄一
演出:大島尚志
管弦楽:シャンテ室内管弦楽団

詳細は、こちらで、ご覧になれます。
[PR]
by dirigent-yuichi | 2010-01-25 21:56 | 音楽
浄書
「浄書」
音楽業界では、この言葉は、楽譜を演奏するために使える状態にすることを意味します。

数ヶ月前より取り組んでいるオペラの編曲、現在、編曲後の浄書作業を行っております。この一週間、ほとんど外に出ず、引きこもってこの作業に集中しています。
一つのパートは大体40ページです。これを11パート分、約450ページを1ページづつ、確認しております。地味〜〜〜〜〜〜〜な作業です。

シルバーウィークまでには終わらせようと必死な私。
そんな折、パートの追加という連絡が入りました002.gif
現在出来上がっているパートに変更を及ぼすようなパートではないのが、せめてもの救いです。

私の眠れない生活は当分続きそうです。ふぅ〜〜〜008.gif
[PR]
by dirigent-yuichi | 2009-09-15 19:55 | 音楽
創作オペラ
9月6日の日曜日に日帰りで京都にいってきました。
思っていたよりも残暑が厳しく、盆地の暑さを痛感しました。

お昼前に京都駅に到着、友人指揮者の今西氏と京都駅で3ヶ月ぶりの再会。一緒にランチをし、懐かしい話、仕事の話、色々盛り上がりました。途中奥様と娘さんにもご挨拶で出来てよかったです。あっという間に2時間が過ぎ、今西氏に別れを告げ、京都駅に向かいました。

そして、京都駅からJR京都線で20分ほど離れた島本駅(大阪)へ向かいました。
今回の訪問の目的は、葛西進さん作曲の創作オペラ「秀とカッパの笛」の初演を観ることでした。

このオペラの原作は、童話「カッパの笛」(斉藤隆介作)で、とてもわかりやすい内容です。それに葛西氏の美しい音楽が相まって、とても素敵なオペラに仕上がっていました。
とっても楽しかったです001.gif

b0049575_11142797.jpg


終演後、京都駅へ向かい。お土産を買って横浜へ戻りました。

慌ただしい一日でしたが、友人との再会、そして、日本の童話を題材としたオペラに
癒された日でした。
[PR]
by dirigent-yuichi | 2009-09-08 11:14