タグ:モーツァルト ( 7 ) タグの人気記事
オペラ終了
新宮町文化財団のオペラ「魔笛」が終了しました。出演者の皆様の素晴らしい歌と演技、シャンテ室内合奏団の表情豊かな演奏、そして舞台を支えていただいた、スタッフ、照明、美術、財団の方々によって、とても素晴らしい舞台となりました。

ご来場いただいたお客様も含め、素晴らしい方々に囲まれて仕事ができたこと、心より感謝しています。皆様ありがとうございました。また、ご一緒できるのを楽しみにしています。


↑クリックお願いします
[PR]
by dirigent-yuichi | 2008-03-18 11:35 | 音楽
久しぶりの福岡
2ヶ月ぶりに福岡へいってきました。やはり九州、暖かかったです。だけど、あいにくの雨、九州の冬の柔らかい日差しには出会えませんでした。
目的は、3月の魔笛の第1回目の練習でした。新たなメンバーの方との舞台作りです。出演者の皆様が、前もってとてもよく準備(練習)して下さっていたので、効率よく、充実した練習ができました。今回も素晴らしい舞台に仕上がっていくと思います。
今から、次の練習日が、とても待ち遠しいです。


↑クリックお願いします


[PR]
by dirigent-yuichi | 2008-01-22 12:49 | 音楽
フライヤー
3月の魔笛のフライヤーが届きました。チケットも既に発売になっているようです。お近くの方も、そうでない方も、オペラ好きな方もオペラはちょっと・・・という方も、是非ご来場下さい。
チケットは、チケットぴあ、ファミリーマート、ローソンチケット等でお求めになれます。

日 時 3月16日(日)13時、17時開演(昼夜2回公演)
場 所 そぴあしんぐう大ホール(福岡県)
演 目 歌劇「魔笛」(全2幕 日本語上演)
作 曲 W.A.Mozart
指 揮 福井 雄一
管弦楽 シャンテ室内合奏団
入場料 一般 2,000円 中高生 1,000円 4歳〜小学生 500円
チケット取扱い
    チケットぴあ、ファミリーマート(Pコード 279-296)
    ローソンチケット(Lコード89597)
主 催 (財)新宮町文化振興財団
助 成 (財)地域創造
b0049575_21461828.jpg



↑クリックお願いします


[PR]
by dirigent-yuichi | 2008-01-16 21:52 | 音楽
オペラ終了
オペラ「魔笛」の公演。無事終了しました。マチネ(昼)、ソワレ(夜)共にホールは満席でした。オペラは、出演者はもちろんのこと、ピットの中に埋まっているオーケストラ、そして、舞台を支える多くの舞台スタッフによって作られます。その全てにおいてとても良い連携が取れていて、大変充実した本番でした。
古賀市の出演者の皆様も、半年間の努力の成果が発揮された素晴らしい歌声を、ホールに響かせてくださいました。会場にいらしたお客さま、出演者、関係者、オーケストラのメンバー、そして、この公演の実現のためにご尽力くださった事務局の方々に、心より御礼申し上げます。
古賀市 万歳!! ありがとう!!
まるで宝石箱のように、素敵な曲の詰まったオペラを書いたMozartに感謝!!


↑クリックお願いします


[PR]
by dirigent-yuichi | 2007-11-11 21:00 | 音楽
二期会
本日は、新国立劇場へ二期会の「魔笛」を聴きにいってきました。実相寺昭雄さん演出の再演でした。動物のかわりにカネゴンやバルタン星人が出てきて、とてもユニークでした。大蛇のセット等、実相寺さんならではのアイデア満載でとても楽しかったです。
それにしても、今日は暑かったです。そして劇場の中は寒い。この気温差が身体にこたえます・・・。



↑クリックお願いします


[PR]
by dirigent-yuichi | 2007-07-27 21:21 | 音楽
フィガロの結婚
来年3月の福岡県新宮町でのオペラの演目が、予定された「フィガロの結婚」から「魔笛」に変更になったと連絡がきました。このフィガロを、私自身とても楽しみにしていたので残念です。
そういうわけで、11月、そして3月と魔笛が続くことになりますが、それぞれの魔笛を楽しんで頂けると思います。
魔笛というオペラは、台本について等、様々な批評がなされていますが、素晴らしい作品です。今週末から、魔笛の映画も上映されます。オペラはちょっとという方は、まず、映画で作品に触れてみてはいかがでしょうか。


↑クリックお願いします


[PR]
by dirigent-yuichi | 2007-07-13 01:57 | 音楽
透き通った響き
JTアートホールで 「ヴィルトーゾ・ソロイスツ IV」 を聴いてきました。今回は、生誕250周年のモーツァルトと、没後10周年の武満徹の作品で構成されたプログラムでした。お目当てはもちろん武満徹の作品です。なかなか聴くことができない、弦楽器の室内楽作品を聴くことができました。東洋的な鏡から西洋音楽を見続けた武満さんの作品には、時に、西洋的、また、時に東洋的、そして、両方が融合された響きがあります。この二つの異なった風土で培われた響きが重なり合って生まれた武満の響き、それは、どこまでも透き通っていて、光をも通してしまいそうです。


↑クリックお願いします
[PR]
by dirigent-yuichi | 2006-07-28 22:53 | 音楽